2018年6月号

今月のワクドキ InterviewVol.Vol.37 2018年6月号

[PR]

ひょっこりはん

ひょっこりはん

1987年4月28日生まれ、滋賀県出身。早稲田大学卒業。NSC東京18期生。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。2013年お笑いコンビ「ダイキリ」を結成、当時はツッコミ担当。解散後2016年よりピン芸人「ひょっこりはん」として活動開始。マッシュルームヘアに黒縁メガネ、白のタンクトップと青のスパッツに身を包んだ独特な風貌で、「はい、ひょっこりはん」とさまざまな場所から現れる芸が大人気。今後ますますの活躍が期待される。/写真:©YOSHIMOTO KOGYO CO.LTD

[PR]

『九州にもいっぱいひょっこりするから探してね~~!!6月の半年会では、ひょっこり芸も楽しんでね~!』

2018年元旦、突如として現れた「ひょっこりはん」。今回は、六月(半年)=体半分現れる「ひょっこり芸」という繋がりから今の率直な思い、お伺いしました!

―ひょっこりはん、大ブレイク中ですね!

いえいえ、ありがとうございます!ひょっこり顔を出すというシンプルな芸で、これだけ忙しくなるというのは…。今まで仕事がなかったので(笑)とても嬉しいです。

実はインテリ芸人でもいらっしゃいます。なぜ、芸人の道に?

大学の時から、一応お笑いサークルに所属していたのですが、それも誘われたからで、芸人志望じゃなかったんです。就職活動もしていて。ただ、会社で自分が成功する画も描けず、ふつふつと「芸人やりたいなあ…」という気持ちに気付いて。せっかくなら思い切ってやってみようかと、流れで芸人になったという感じです。

人生って不思議ですね。もともとは王道の漫才をしていたとか。

そうそう、正統派漫才の突っ込みとかやっていました(笑)。意外でしょ!でも、とても窮屈でしたね。突っ込みって、性格上一番合っていない役まわりで、相方が主導の芸に合わせるのもキツくて…。葛藤しながら4年位続けたのですが、お客さんにも僕が楽しめていないのが伝わってしまっていて。それなら、粗くても雑でも楽しんでやった方が、面白いと思われるかなとピン芸人に。でも、辛かったコンビ時代がないと今はないと思います。全部がつながっていて、タイミングですね。

紆余曲折の末に生まれたのが、ひょっこり芸なんですね!

そうですね。ただ先に名前をつけたので、芸は後なんです。何か自分にぴったりの名前をつけよ~と思って、自分のどういうところを人は面白いと思ってくれるんだろうと考えた結果が「顔」!周囲からも「お前の中で一番面白いのは、顔」って言われ続けてきたので(笑)、〝ひょっこりはん〟にピーンと来たんです。自分の直感で大きな判断をした、初めての経験でもありました。

ひょっこり芸をする時のポイントって何ですか?

僕の場合は〝真顔が変顔〟なのでそれを活かす!気持ちとしては「仲間に入れてよ~」という少し寂しい気持ちっていうのかな(笑)。読者のみなさんも顔がそれぞれ違うので、各々面白い〝ひょっこり顔〟を見つけてもらえたら。後は、楽しい音楽をかけてキレよく動くこと。脱線しちゃいますけど、ひょっこり芸って、誰もいないところから突然現れて静止する芸なので結構怖いんですよ~。笑っている人とそうでない人の表情も飛び込んでくるので、全身で受け止める感覚です(笑)。ぜひ、スベるのも含めて、ナッセさんの半年会でも楽しんでもらえたらと思います!

半年会でのひょっこり芸、増えますね!ちなみに、最近お休みはありますか?

ないですね。でも「嬉しい」の気持ちのほうがずっと大きくて、ストレスも溜まらないです。もちろん反省することもありますが、良い意味で後に引かない、すぐに忘れます!今は全部自己責任ですし。初めましての方や、新しい場所にも行かせて頂くので、それも気分転換になっているのかな。大好きだった岡村隆史さんが一緒にひょっこり芸をしてくれた時は、最高に興奮しました。それに僕、ホットヨガやってるんで(笑)。いよいよ溜まってきたら、ヨガに助けてもらおうかな~♪

ちなみに、福岡へは来たことがありますか?

それがまだないんですよ。でも、これから行く予定があるので、楽しみでたまらないです。美味しいものを食べて、ひょっこりもして、たっぷりと寝て〝至福・福岡〟楽しみです!

では、最後に今後の野望を。

ひょっこり芸をこれからも続けていくこと!色んなところでひょっこりして、最後は〝宇宙ひょっこり〟が叶ったら…。楽しいことをいっぱいしていきたいです!

information

学園祭はよしもとにおまかせ!

~よしもと芸人と素敵な思い出を作ろう~

  • チケット好評発売中!(チケットよしもと・チケットぴあ・ローソンチケット)

今回のインタビューに登場している〈ひょっこりはん〉をはじめ、M-1王者の〈トレンディエンジェル〉、小栗旬のモノマネで人気の〈おばたのお兄さん〉、上方漫才協会大賞で大賞受賞の〈トット〉など、注目株が一堂に集結。笑い転げること必至!福岡よしもとからも〈サカイスト〉〈レモンティー〉〈マサル〉などが出演します。

【日程】6月17日(日)15:00開場/15:30開演

【出演】どんぴしゃ、サカイスト、レモンティー、トレンディエンジェル、トット、おばたのお兄さん、ひょっこりはん、ガンバレルーヤ、マサル、スクラップス

【会場】西鉄ホール(福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージ6F)

【料金】前売3,000円、当日3,500円(全席指定)

【問合】チケットよしもと予約問合せダイヤル:0570-550-100

バックナンバー
ひょっこりはん

2018年6月号

Vol.Vol.37 ひょっこりはん

木梨憲武

2018年5月号

Vol.36 木梨憲武

染谷 将太

2018年3月号

Vol.34 染谷 将太

松坂桃李

2018年2月号

Vol.33 松坂桃李

矢部太郎

2018年1月号

Vol.32 矢部太郎

佐藤健×土屋太鳳

2017年12月号

Vol.31 佐藤健×土屋太鳳

Dream Ami

2017年11月号

Vol.30 Dream Ami

有村 架純

2017年10月号

Vol.29 有村 架純

CHEMISTRY

2017年9月号

Vol.28 CHEMISTRY

瀬戸 康史

2017年8月号

Vol.27 瀬戸 康史

JAY'ED

2017年7月号

Vol.26 JAY'ED

佐々木 圭一

2017年6月号

Vol.25 佐々木 圭一

主演 神木隆之介×監督 大友啓史

2017年5月号

Vol.24 主演 神木隆之介×監督 大友啓史

黒木 啓司

Vol.23 黒木 啓司

TARGET

Vol.22 TARGET

水曜日のカンパネラ

Vol.21 水曜日のカンパネラ

藤井 美菜

Vol.20 藤井 美菜

福士 蒼汰

Vol.19 福士 蒼汰

監督・西川 美和×本木 雅弘

Vol.18 監督・西川 美和×本木 雅弘

三遊亭 円楽

Vol.17 三遊亭 円楽

佐藤 栞里

Vol.16 佐藤 栞里

大政 絢

Vol.15 大政 絢

西島 秀俊

Vol.14 西島 秀俊

斎藤 工

Vol.13 斎藤 工

中谷 美紀

Vol.12-2 中谷 美紀

佐藤 浩市

Vol.12-1 佐藤 浩市

ソナーポケット

Vol.11 ソナーポケット

古田 新太

Vol.10 古田 新太

神木 隆之介

Vol.9 神木 隆之介

広末 涼子&滝藤 賢一

Vol.8 広末 涼子&滝藤 賢一

溝端 淳平

Vol.7 溝端 淳平

秋山 竜次(ロバート)

Vol.6 秋山 竜次(ロバート)

藤井 隆

Vol.5 藤井 隆

ココリコ:田中 直樹

Vol.4 ココリコ:田中 直樹

レベッカ・ファーガソン

Vol.3 レベッカ・ファーガソン

長谷川 博己

Vol.2 長谷川 博己

博多 華丸

Vol.1 博多 華丸