2018年3月号

今月のワクドキ InterviewVol.34 2018年3月号

[PR]

染谷 将太

染谷 将太

染谷将太(そめたにしょうた)
1992年9月3日、東京生まれ。9歳のときに映画『STACY』(02)でデビューし、『ヒミズ』(11)でベネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀賞新人賞)を日本人で初めて受賞。その後、『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』(14)、『ドライブイン蒲生』(14)、『白ゆき姫殺人事件』(14)、『寄生獣』(14)、『寄生獣 完結編』(15)、『海賊とよばれた男』(16)、『3月のライオン』(17)、『ポンチョに夜明けの風はらませて』(17)など、数多くの話題作に出演。18年秋には『きみの鳥はうたえる』の公開が控えている。

[PR]

東宝×KADOKAWA初の共同配給作品にして、日中共同製作映画として史上最大の本格ビッグプロジェクト『空海 ―KU-KAI― 美しき王妃の謎』。密教の教えを求め、日本から遣唐使として唐に渡った若き天才僧侶・空海を演じた染谷将太さんに、作品について伺いました。

―出演オファーが来た時の感想は?
こういう映画の企画があることは知っていましたが、自分に出演オファーがあると思っていなかったので驚きました。「なぜチェン・カイコー監督で僕に話が来たんだろう」って。そのことを監督と最初にお会いしたとき聞いてみたんですが、監督は僕が出演した『寄生獣』を観て、そのときの佇まいを気に入ってくださったようです。

―脚本を読んだ印象は? 

お話が面白いし、キャラクターが魅力的なのは勿論なのですが、余白に書かれた情景描写が詩的で美しい本でした。この景色をどうやって映像化するんだろうと想像力を掻き立てられる脚本で、読んでいてもそれだけで満たされましたね。

―空海を演じることに関してどのように感じましたか?
人間の領域を超えている方ですからね。これはエンタテインメント作品なので、あまり人智を超えたほうに深くいきすぎると違ったものになると思いました。あの天才をどうエンタテインメントに落とし込むかということを、凄く探りました。とりあえず自分としてはシンプルに、空海の生い立ちとどういう人間だったのかをざっと頭に入れました。それで監督と会った時に言われたのが、ユニークな人物にしてほしいと。勿論天才だしお坊さんだけれども、この空海はお酒を飲んだり、妓楼へ行ったりもする。そういう時にお茶目な部分やいたずら心を見せる、等身大の若者の部分を絶対残してほしいとおっしゃっていました。演じていてもつい自分が真面目にいきすぎてしまうことがあって、そんなとき監督は、「もっと優雅に柔らかく、お茶目な感じでもいい」とおっしゃっていました。

―唐の都長安を再現した広大なセットが見どころですね?
セットの力を思い知らされました。毎朝、長安のセットの外で支度をして、車でその日撮影するセットの中の場所へ向かうんですが、唐代の街並みを観ながら移動していると、本当にその世界へ入っていく感覚がありました。撮影場所に着くと360度長安の街がどこまでも続いていて、これがセットだと思うとビックリしました。エキストラの数も毎日凄く、これだけの衣装をどこから集めたんだろうと思いました(笑)。

―白楽天を演じたホアン・シュアンさんの印象は?
本当にいい人でいろんな部分でサポートしてくださり、彼が白楽天役じゃなかったらこの撮影は乗り切れなかったと思います。人間的にもまじめで誠実で優しく、尊敬できる方でした。その人間的な魅力が白楽天役にトレースされている感じがして、彼の持っているものが素直に出ているのに感動しました。

―中国語で芝居をする難しさは?
やはり言語の音が違うと、感情の乗り方が違うんです。相手の芝居が自分に向かってくるエモーションが今までと全然違っていて、「そういう温度感があるんだ」と初めての経験をいっぱいしました。その相手が向けてくる温度感に乗ったり、あえて乗らなかったりすることで、日本人らしさを出そうとしました。そのほうが日本でも中国でも、お客さんが面白がってくれる気がしたんです。

―5か月間に渡る中国での長期撮影を終えた感想は?
すべてが新しい凄い経験でした。映画はどの現場でも、いいものを作ろうとするスタッフたちの熱気がありますけれど、この現場はどれだけいるのかわからないくらいスタッフの人数が多かった。そのみんなが頑張るぞとなった時のエネルギーが、本当にものすごくて刺激的でした。映画自体は愛と哀しみのお話なので、そのことに純粋に感動していただけるものになっていると思います。観た方に、ここに出てくる人間たちの愛の深さを沢山感じてもらえたらいいなと思いますね。

information

●映画『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』
2月24日(土)公開

1200年以上前、日本から遣唐使として中国・唐に渡った若き天才僧侶・空海。知り合った白楽天という詩人(のちの白居易)との交流を深めていく中、世界最大の都・長安の街は、権力者が次々と奇妙な死を遂げるという、怪事件に見舞われる。空海と白楽天は一連の事件を探ることに。果たして、2人が辿り着いた真実とは…。日中を代表する豪華実力派俳優の競演で描く、極上のエンターテイメント大作。
監督/チェン・カイコー
出演/染谷将太、ホアン・シュアン、チャン・ロンロン、
火野正平、松坂慶子、阿部寛 他
配給/東宝、KADOKAWA

©2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,
Emperor Motion Pictures,Shengkai Film

バックナンバー
ひょっこりはん

2018年6月号

Vol.Vol.37 ひょっこりはん

木梨憲武

2018年5月号

Vol.36 木梨憲武

染谷 将太

2018年3月号

Vol.34 染谷 将太

松坂桃李

2018年2月号

Vol.33 松坂桃李

矢部太郎

2018年1月号

Vol.32 矢部太郎

佐藤健×土屋太鳳

2017年12月号

Vol.31 佐藤健×土屋太鳳

Dream Ami

2017年11月号

Vol.30 Dream Ami

有村 架純

2017年10月号

Vol.29 有村 架純

CHEMISTRY

2017年9月号

Vol.28 CHEMISTRY

瀬戸 康史

2017年8月号

Vol.27 瀬戸 康史

JAY'ED

2017年7月号

Vol.26 JAY'ED

佐々木 圭一

2017年6月号

Vol.25 佐々木 圭一

主演 神木隆之介×監督 大友啓史

2017年5月号

Vol.24 主演 神木隆之介×監督 大友啓史

黒木 啓司

Vol.23 黒木 啓司

TARGET

Vol.22 TARGET

水曜日のカンパネラ

Vol.21 水曜日のカンパネラ

藤井 美菜

Vol.20 藤井 美菜

福士 蒼汰

Vol.19 福士 蒼汰

監督・西川 美和×本木 雅弘

Vol.18 監督・西川 美和×本木 雅弘

三遊亭 円楽

Vol.17 三遊亭 円楽

佐藤 栞里

Vol.16 佐藤 栞里

大政 絢

Vol.15 大政 絢

西島 秀俊

Vol.14 西島 秀俊

斎藤 工

Vol.13 斎藤 工

中谷 美紀

Vol.12-2 中谷 美紀

佐藤 浩市

Vol.12-1 佐藤 浩市

ソナーポケット

Vol.11 ソナーポケット

古田 新太

Vol.10 古田 新太

神木 隆之介

Vol.9 神木 隆之介

広末 涼子&滝藤 賢一

Vol.8 広末 涼子&滝藤 賢一

溝端 淳平

Vol.7 溝端 淳平

秋山 竜次(ロバート)

Vol.6 秋山 竜次(ロバート)

藤井 隆

Vol.5 藤井 隆

ココリコ:田中 直樹

Vol.4 ココリコ:田中 直樹

レベッカ・ファーガソン

Vol.3 レベッカ・ファーガソン

長谷川 博己

Vol.2 長谷川 博己

博多 華丸

Vol.1 博多 華丸