今月のワクドキInterview Vol.21

水曜日のカンパネラ

「スーパーマンが現れて、明るいニュースがいっぱいになったら良いな」
日本を応援する気持ちで作りました。

写真

水曜日のカンパネラ/コムアイ
主演・コムアイ、楽曲制作・ケンモチヒデフミ、それ以外を担当するDir.Fからなる音楽ユニット。日常から浮遊した世界観を、ハウス・テクノ・チルアウトを踏襲したサウンドにコムアイの不思議なボイスで唯一無二の楽曲を発信。代表曲「桃太郎」「ラー」ほか。鹿の解体やお神輿など奇想天外なライブパフォーマンスが話題で、2016年夏は全国18ヶ所の夏フェスにも出演。アメリカ・台湾と海外でのライブも好評。16年『UMA』でメジャーデビューし、活動3年目にして国内外での認知を着々と広げている。

2月にメジャー1stFULL ALBUM「SUPERMAN」をリリースする水曜日のカンパネラ。今回は、コムアイさんにアルバムに込められた思いをお伺いしました。

―アルバム「SUPERMAN」の魅力や聴きどころを教えてください。

昨年は、あまり良い話を聞かない一年だったような気がしています。スーパーマンが不在の2016年。そのような状況で、ポジティブな変化が起きるのを期待して制作しました。「日本にも、ガンジーやキング牧師のようなスーパーマンが現れて欲しい!」と思いながら、世の中を応援する気持ちで歌っています。坂本龍馬・チャップリン・カメハメハ大王と、古今東西の偉人たちが登場していて土着的で、対照的にサウンドは近未来的な仕上がりになりました。

―水曜日のカンパネラでは主演というポジションですが、音楽制作にはどのくらい関わるのですか?

曲のイメージやコンセプトを考えたり、「今こんなものにハマってる!」とか、その時感じていることを伝えたりします。上がってきた曲には意見も言ったり。自分の中にあるアイディアを色々伝えながら、2人とはコミュニケーションを取っています。

―作品を創る上でのこだわりは?

楽しむ気持ちや創造性を欠かさないようにしています。今までは記憶に残ることを優先し過ぎていたところもあったので、これからは一曲一曲に対する「奥行き」や「質」も高めていきたいですね。

―斬新なライブパフォーマンスが話題ですが、発想の原点は?

「鹿の解体」は以前からのライフワークで、「ウォーターボール」はザ・フレーミング・リップという、尊敬するバンドからヒントを貰いました。みなさんがもし演出を任されたらきっと同じようにすると思うのですが、映画や他のアーティストのミュージックビデオ・雑誌・伝統芸能、もしくは街を歩きながらふと思いついたアイディアを次に活かす、という感じです。

―2月といえばバレンタインがありますが、何か思い出は?

バレンタインは、特別何もしないです(笑)。でも、チョコレートは大好きなので一年中貰いたいです。

―今年の目標を教えてください。

ゆっくり休むより、素晴らしいものをいっぱい見て吸収したいです。旅先でしか出会えない景色を見たり、サーカスや落語に行ったり。本もたくさん読みたいなあ!あと歌の練習もして、楽しんでもらえる曲を届けていきたいと思っています。

―では最後に、読者の皆さんへメッセージを!

実は北九州の小倉で生まれて、今も祖父母が住んでいます。屋台のおでん屋さんに、おはぎがあるのが不思議ですよね!次行く時は、市場散策をしたいです。そんな感じで九州には縁があるので、今年こそ最高のライブを九州でしたいです。頑張っていくので、ぜひこれからも応援よろしくお願いします!

メジャー1st FULL ALUBUM 『SUPERMAN』

●2月8日(水)リリース/USB版・CD版ともに3,240円

写真

デジタルシングル『SUPERKID』に収録されていた「アラジン」「カメハメハ大王」を含む、全10曲収録。USB版とCD版の2形態でリリース。USB版は特製CD型で、ハイレゾ・mp3音源を収録。このアルバムを引っさげた、初の日本武道館公演も開催予定。

【公演情報】
水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~
■公演日/3月8日(水)■会場/日本武道館
■料金/4,888円■一般チケット発売日/2月8日(水)
※詳細はオフィシャルホームページ
http://www.wed-camp.com/

バックナンバー
Vol.21 水曜日のカンパネラ
Vol.20 藤井 美菜
Vol.19 福士 蒼汰
Vol.18 西川 美和×本木 雅弘
Vol.17 三遊亭 円楽
Vol.16 佐藤 栞里
Vol.15 大政 絢
Vol.14 西島秀俊
Vol.13 斎藤 工
Vol.12-2 中谷美紀
Vol.12-1 佐藤浩市
Vol.11 ソナーポケット
Vol.10 古田新太
Vol.9 神木隆之介
Vol.8 広末涼子&滝藤賢一
Vol.7 溝端淳平
Vol.6 秋山竜次(ロバート)
Vol.5 藤井 隆
Vol.4以前を見る