2017年11月号

今月のワクドキ InterviewVol.30 2017年11月号

[PR]

Dream Ami

Dream Ami

Dream Ami(どりーむ あみ)

03年、dream(現Dream)に加入しデビュー。11年よりガールズ・エンタテインメント・プロジェクト“E-girls”の中心メンバーとしても活動。15年にはシングル「ドレスを脱いだシンデレラ」をリリースし、E-girlsでは初のソロデビューを果たし、17年より本格的にソロ活動を開始。11月9日からは、初のソロツアー「Dream Ami 1st. Live Tour 2017 ♡Re: Dream」の開催が決定。

[PR]

dream、E︲girlsとして活動する中、2015年にソロデビューを果たし、2017年7月16日を最後にグループでの活動を終え、ソロ活動に専念したDream Ami。10月4日は初となるソロ・アルバムをリリースした彼女に話を伺いました。

―待望の初アルバム。ソロ活動を始めた時の心境は?
ソロ・プロジェクトの話をいただいた時は、戸惑いや不安しかありませんでした。そうして、最初は自信なく始まったソロ活動でしたが、1stシングルのリリース・イベントで全国を廻らせていただいて、たくさんのファンのみなさんと触れ合うことで、少しずつ自信がついていったんです。自分はソロ・アーティストとして、どこまでできるんだろうと具体的に考えられるようになりました。幸運にも続く2ndシングルでは映画『ズートピア』の日本版主題歌「トライ・エヴリシング」を歌わせていただくことができました。小さい頃から大好きだったディズニー映画の主題歌を自分がソロで歌うなんて思ってもみなかったことなので、夢がひとつ叶った瞬間でした。なので、「トライ・エヴリシング」をリリースした頃には、ソロでも自立していきたいと前向きな気持ちが固まっていました。

―ご自身で作詞することに対して、どんな想いがありますか?
以前からいつかは自分で書いた歌詞を歌いたいと思っていたんですけど、そこに踏み出す勇気がありませんでした。いつかはやりたい、いつかは書きたいと思っていながら、できていなかったことのひとつだったんです。でも、ソロで歌わせていただくチャンスが増えた時に、自分の言葉で伝えていく手段から逃げていたら、いつまでも与えられたものをやるだけの人になってしまうと思ったんです。作詞はソロだからこそ挑戦できることでもあるので、3rdシングルのカップリング「JUMP!」で初めて作詞させていただきました。歌詞を書いて歌うことって、自分が裸にされているような恥ずかしさもあるんです(笑)。今でも書いた歌詞を誰かに見せるのは恥ずかしいです。それでも、「それはすばらしいことなんだよ。恥ずかしいということは自分が思っていることを書けている証拠で、逆に自分が共感できない歌詞を書いていたら恥ずかしくならない」と周囲の方々が言ってくださったのですが、確かにそうですよね。自分の中にある想いに共感してもらえたり、「この歌詞が好きです」と言ってもらえた時の喜びは、自分で作詞しているからこそ経験できることで、だからこそ次もがんばって書こうと思えるので、作詞を始めてから得たものは本当にたくさんあります。

―待望の1stアルバム『Re:Dream』は、どのような想いで制作を始めたのでしょうか?
シングルを5枚リリースしてからのアルバムだったので、盛りだくさんな内容にできるとは思っていました。今までリリースした楽曲を振り返ってみても、ジャンルも歌っている内容も幅が広いので、アルバムでも私の多面性を感じてもらえたらと思いながら制作しました。リリースのタイミング的にもE︲girlsを卒業してから制作が始まった作品でもあるので、また新たにここからスタートを切るような気持ちでアルバムを作っていきました。あとは、今までリリースしてきたシングル曲でもそうだったように、自分に正直に自分の中にある世界を表現したいという気持ちも大切に制作しました。

―最後に、初のソロ・アルバムが完成した今、Dream Amiさんが思い描く夢を教えてください。
やりたいことを挙げたらきりがないのですが、ずっと自分らしく表現し続けていきたいというのが夢です。デビューしてから15年間活動してきた中で、予期せぬことが本当にたくさんありました。この先もきっと想像していない未来が待っていると思うので、なるようになり、なるようにしかならないの精神でがんばっていこうと思っています。常に自分らしく、自分に正直な作品を残していきたいです。

information

 

『Re: Dream』

2017年10月4日(水)発売
[CD+DVD]RZCD-86390
¥4,104(税込)
[CD]RZCD-8638991
¥3,240(税込)

【ツアー情報】
『Dream Ami 1st. Live Tour 2017 ♡ Re: Dream』
11月29日(水)福岡サンパレス

 

 

 

バックナンバー
Dream Ami

2017年11月号

Vol.30 Dream Ami

有村 架純

2017年10月号

Vol.29 有村 架純

CHEMISTRY

2017年9月号

Vol.28 CHEMISTRY

瀬戸 康史

2017年8月号

Vol.27 瀬戸 康史

JAY'ED

2017年7月号

Vol.26 JAY'ED

佐々木 圭一

2017年6月号

Vol.25 佐々木 圭一

主演 神木隆之介×監督 大友啓史

2017年5月号

Vol.24 主演 神木隆之介×監督 大友啓史

黒木 啓司

Vol.23 黒木 啓司

TARGET

Vol.22 TARGET

水曜日のカンパネラ

Vol.21 水曜日のカンパネラ

藤井 美菜

Vol.20 藤井 美菜

福士 蒼汰

Vol.19 福士 蒼汰

監督・西川 美和×本木 雅弘

Vol.18 監督・西川 美和×本木 雅弘

三遊亭 円楽

Vol.17 三遊亭 円楽

佐藤 栞里

Vol.16 佐藤 栞里

大政 絢

Vol.15 大政 絢

西島 秀俊

Vol.14 西島 秀俊

斎藤 工

Vol.13 斎藤 工

中谷 美紀

Vol.12-2 中谷 美紀

佐藤 浩市

Vol.12-1 佐藤 浩市

ソナーポケット

Vol.11 ソナーポケット

古田 新太

Vol.10 古田 新太

神木 隆之介

Vol.9 神木 隆之介

広末 涼子&滝藤 賢一

Vol.8 広末 涼子&滝藤 賢一

溝端 淳平

Vol.7 溝端 淳平

秋山 竜次(ロバート)

Vol.6 秋山 竜次(ロバート)

藤井 隆

Vol.5 藤井 隆

ココリコ:田中 直樹

Vol.4 ココリコ:田中 直樹

レベッカ・ファーガソン

Vol.3 レベッカ・ファーガソン

長谷川 博己

Vol.2 長谷川 博己

博多 華丸

Vol.1 博多 華丸