2017年7月号

今月のワクドキ InterviewVol.26 2017年7月号

[PR]

JAY'ED

JAY'ED

JAY’ED(ジェイド)

日本人の父とニュージーランド人の母の間に生まれ、10歳までニュージーランドで過ごす。17歳から大阪のクラブを中心に活動を始め、2008年メジャー・デビュー。代表曲「ずっと一緒」、「最後の優しさ」はYouTube 再生回数が500万回以上突破。2009 年にJUJU with JAY’ED「明日がくるなら」や、「Everybody」(au Smart Sports CM ソング)でブレイク。1st アルバム「MUSICATION」をリリースし、オリコン・チャート初登場6位にランクインしロングセールスを記録。その後数々のアーティストとのコラボも重ね、ジャパニーズR&Bシーンを牽引。シンガーJAY’ED待望のセカンドシーズンが幕を開ける。

[PR]

―JAY‘ED セカンド・シーズンの幕開けという意識はあったのでしょうか?
僕の中では、第2のスタートという気持ちは強かったです。そもそものきっかけは、EXILE ATSUSHIさんが僕をLDH JAPANに誘ってくれたことです。それまでは正直くすぶっていた時期もありましたし、こんなチャンスは二度と来ないという想いで今の環境に飛び込ませていただきました。どれだけのキャリアがあるかなんて今はまったく関係ありませんし、新人アーティストの気持ちです。

―EXILE ATSUSHIさんが共同サウンド・プロデューサーとして参加されていますね?
はい。今まで僕はひとりでアルバムを作ってきたので、ATSUSHIさんの視点は勉強になりました。客演のアイディアとか、いろいろなアドバイスをいただきました。

―当初からEXILE ATSUSHIさんと一緒に制作したいという想いがあって実現したのでしょうか?
やっぱり再出発は新たなきっかけをくれたATSUSHIさんと曲ができたらいいなという想いから相談させてもらいました。タイトルチューンでもある「Here I Stand」はたくさんあるデモ曲も聞いてもらってる中で、ATSUSHIさんが「この曲の歌詞は僕に書かせてくれないか」と言ってくださったんです。その曲はさかいゆうさんに作曲をお願いしたデモ曲で。今の心境だったり、どんな状況でも歌い続けたいという強い意志を表現したい、そんな魂の叫びのような曲というのをさかいゆうさんにお願いしていた曲だったので、「もちろんぜひお願いします!」と。そこからスタートして、その日のうちにATSUSHIさんが歌詞を書いてくれて、歌入れまでしてくださったみたいなんです。歌詞を正式にいただいた時、僕はトラックを聴きながらATSUSHIさんの書いた歌詞を読んで、もう感動しっぱなしでした。10年来の仲ですけど、ずっと一緒にいたわけではない。でも、節目節目の僕の感情をしっかり理解してくださっていて、今の僕の気持ちもしっかり反映された歌詞なんです。ひとつひとつの言葉が、本当に僕の想いそのままでした。

―ライヴで「Here I Stand」を披露したら、涙する方もいるとうかがっています。
ライヴで初めて歌った時、実は僕も泣きそうになっちゃって(笑)。今までバラードは何曲も歌ってきたんですけど、自分の曲で泣きそうになったのは初めての経験でした。この歌詞は、ATSUSHIさんから僕へのエールも込められていると思うんです。歌い手としての姿勢とか気持ちのあり方をメッセージしてくれているのかなと感じます。そこに僕は勇気づけられているし、気を引き締められてもいます。そうやって僕がもらえたパワーを歌に託して、少しでもリスナーのみなさんをポジティヴな気持ちにできたらと思って歌っています。

―レコーディングの際に意識したこと、新たな挑戦になったことがあれば教えてください。
久しぶりのバラード曲で、さらに音数が少ないので、一言一句の表現を大切に歌いました。久しぶりの緊張感もありました。あとはATSUSHIさんの歌詞、さかいゆうさんのトラックを、どう自分の曲にしていけばいいかというところも考えました。これからもずっと大切に歌っていきたい曲になったと思います。

―楽曲が仕上がった今、リスナーにどんな風に届いて欲しいですか?
悩んだ時に聴いたらポジティヴになれる曲だと思いますし、この曲から何かを感じ取って、悩みが解消されたり少しでもマインドシフトできたと言っていただけたら嬉しいです。

―最後に、今後のJAY‘EDさんの活躍に期待している方々へのメッセージをお願いします。
「Here I Stand」は、僕の決意を感じ取ってもらえる曲だと思います。今後の僕の展開を期待していただけたら嬉しいですし、アルバムには、テイストの違った曲がずらりと並ぶ、あきることない曲が詰まった作品なので楽しみにしていてください。僕は決してバラードだけを歌うシンガーではないので、アルバムでは新たな一面も感じてもらえたら嬉しいです。

information

ニューアルバム『Here I Stand』
●リリース中

JAY’ ED自身とともに EXILE ATSUSHI が

全面プロデュース!PKCZ®、今市隆二

(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、

DOBERMAN INFINITY、 Crystal Kay、 AKLO

豪華客演陣を迎えた傑作アルバムが完成!

 

バックナンバー
佐藤健×土屋太鳳

2017年12月号

Vol.31 佐藤健×土屋太鳳

Dream Ami

2017年11月号

Vol.30 Dream Ami

有村 架純

2017年10月号

Vol.29 有村 架純

CHEMISTRY

2017年9月号

Vol.28 CHEMISTRY

瀬戸 康史

2017年8月号

Vol.27 瀬戸 康史

JAY'ED

2017年7月号

Vol.26 JAY'ED

佐々木 圭一

2017年6月号

Vol.25 佐々木 圭一

主演 神木隆之介×監督 大友啓史

2017年5月号

Vol.24 主演 神木隆之介×監督 大友啓史

黒木 啓司

Vol.23 黒木 啓司

TARGET

Vol.22 TARGET

水曜日のカンパネラ

Vol.21 水曜日のカンパネラ

藤井 美菜

Vol.20 藤井 美菜

福士 蒼汰

Vol.19 福士 蒼汰

監督・西川 美和×本木 雅弘

Vol.18 監督・西川 美和×本木 雅弘

三遊亭 円楽

Vol.17 三遊亭 円楽

佐藤 栞里

Vol.16 佐藤 栞里

大政 絢

Vol.15 大政 絢

西島 秀俊

Vol.14 西島 秀俊

斎藤 工

Vol.13 斎藤 工

中谷 美紀

Vol.12-2 中谷 美紀

佐藤 浩市

Vol.12-1 佐藤 浩市

ソナーポケット

Vol.11 ソナーポケット

古田 新太

Vol.10 古田 新太

神木 隆之介

Vol.9 神木 隆之介

広末 涼子&滝藤 賢一

Vol.8 広末 涼子&滝藤 賢一

溝端 淳平

Vol.7 溝端 淳平

秋山 竜次(ロバート)

Vol.6 秋山 竜次(ロバート)

藤井 隆

Vol.5 藤井 隆

ココリコ:田中 直樹

Vol.4 ココリコ:田中 直樹

レベッカ・ファーガソン

Vol.3 レベッカ・ファーガソン

長谷川 博己

Vol.2 長谷川 博己

博多 華丸

Vol.1 博多 華丸