2017年6月号

今月のワクドキ InterviewVol.25 2017年6月号

[PR]

佐々木 圭一

佐々木 圭一

佐々木 圭一(ささき けいいち)
コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師

新入社員時代、伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され、苦しみ、激太りする。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。「伝え方が9割」シリーズはその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。
本業の広告制作では、国内外55のアワードに入選入賞。年間講演数70回以上。郷ひろみ、Chemistryなどの作詞家としてアルバム・オリコン1位を2度獲得。株式会社ウゴカス代表取締役。

[PR]

伝え方はセンスではない。技術だ。伝え方によって行動が変わる、未来を変えることだって。

107万部突破の『伝え方が9割』シリーズ。「伝え方には技術がある」をテーマに「ノーをイエスに変える技術」や「強いコトバを作る技術」など、誰もがすぐに取り入れられ、「この方法で恋人ができた」「仕事の契約が決まった」「子育てにも活用できる」など、喜びの声も届いているそう。『伝え方が9割』シリーズの著者、佐々木圭一さんにインタビュー。

―『伝え方が9割』シリーズが107万部突破!なぜここまでヒットしたと思いますか?
見たものをすぐに実生活で使える、再現性が高いという声を頂いています。伝え方は料理のレシピのようなものなんですよね。レシピがあって、作り方がわかれば料理はできる。それと同じで、伝え方もレシピを知れば、誰でも上手に伝えることができるんです。

―新刊の『まんがでわかる 伝え方が9割』を読んでいると、主人公、新米編集者の舞と自分が重なり、物語にのめり込みました。すべてのエピソードが多くの人にとって「あるある!」と共感できるものなので、自分自身を投影できますよね。どうしてまんが版を発売することになったのですか?
ビジネス書だと読めない、読みたくないという人もまんがならば手にとってもらえるかな、と。今まで『伝え方が9割』シリーズを読んでいなかった人にも読んでほしくて。世の中には伝えベタ、表現ベタな人がたくさんいます。でも諦めてほしくない、伝え方のレシピ(技術)を知って、可能性を広げてほしい!そんな想いで発行しました。

―キャラクターを通して、セリフとイメージ(絵)がセットではいってくるので、自分も伝え方を実践できそうな気がしてきます。クセになるオネエキャラ、マリアの存在も面白いですね。
共感できる、読んで面白いと思ってほしかったので、リアリティーを高めるために、かなり取材をしました。有名な雑誌の副編集長2人にじっくり話を伺って、悩みやトラブルも、オフレコの話など、いっぱい教えていただいて。キーマンであるオネエのマリアを描くために、新宿二丁目のオカマバーにも通ったんですよ。読み進めるうちに自然と伝え方の技術が理解できるよう、考えました。

―佐々木さんにとってズバリ、伝え方とはなんですか?
例えば、コーヒー屋さんで、コーヒーを淹れるのに7分かかります。と伝えるのと、淹れたての一番美味しいコーヒーをご用意します。と伝えるのではどちらが相手に快く待ってもらいやすいでしょうか?後者だと思います。このように伝え方を変えることで人の行動が変わってくるんですよね。
言葉と向かい続けて20年。「ノー」を「イエス」に変える技術は7つしかないとわかりました。そして、伝え方は学ぶことができる技術だということも。恋愛や仕事に活かせる伝え方のレシピ(技術)を多くの方に学んで実践してほしいですね。

―SNSでも伝え方のレシピは実践できますか?
LINEなんて練習にもってこいです。7つの伝え方のレシピを片手にデジタルメディアで練習して、日常でも実践してみてください。

―伝え方はセンスだと思っていましたが、お話を聞いて、伝え方のレシピを実践してみようと思います。
1日に人は22回ぐらいお願いをしているそうです。1日1回、ノーをイエスに変えることができれば、1年(365日)経つと、365回イエスにできるということ。伝え方次第で結果が変わって、ひいては人生が変わる。コレが鍵です。
伝え方の技術を知っていたら・・・解決できることもある、突破できることもあるかもしれない。売れなかったものが売れる、もっと円滑にコミュニケーションが取れる、親子喧嘩が減る、一人一人が変わり、いい方向に進むのではないかと思います。伝え方のレシピを使うとお互いが幸せになれるんです。

information

まんがでわかる 伝え方が9割

「恋人ができた」「プレゼンが通った」…喜びの声続々!
人生が一変すると話題の『伝え方が9割』シリーズにまんが版がいよいよ登場!

佐々木圭一・著
星井博文・シナリオ 大舞キリコ・作画
定価:1,296円
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2017年1月30日

バックナンバー
有村 架純

2017年10月号

Vol.29 有村 架純

CHEMISTRY

2017年9月号

Vol.28 CHEMISTRY

瀬戸 康史

2017年8月号

Vol.27 瀬戸 康史

JAY'ED

2017年7月号

Vol.26 JAY'ED

佐々木 圭一

2017年6月号

Vol.25 佐々木 圭一

主演 神木隆之介×監督 大友啓史

2017年5月号

Vol.24 主演 神木隆之介×監督 大友啓史

黒木 啓司

Vol.23 黒木 啓司

TARGET

Vol.22 TARGET

水曜日のカンパネラ

Vol.21 水曜日のカンパネラ

藤井 美菜

Vol.20 藤井 美菜

福士 蒼汰

Vol.19 福士 蒼汰

監督・西川 美和×本木 雅弘

Vol.18 監督・西川 美和×本木 雅弘

三遊亭 円楽

Vol.17 三遊亭 円楽

佐藤 栞里

Vol.16 佐藤 栞里

大政 絢

Vol.15 大政 絢

西島 秀俊

Vol.14 西島 秀俊

斎藤 工

Vol.13 斎藤 工

中谷 美紀

Vol.12-2 中谷 美紀

佐藤 浩市

Vol.12-1 佐藤 浩市

ソナーポケット

Vol.11 ソナーポケット

古田 新太

Vol.10 古田 新太

神木 隆之介

Vol.9 神木 隆之介

広末 涼子&滝藤 賢一

Vol.8 広末 涼子&滝藤 賢一

溝端 淳平

Vol.7 溝端 淳平

秋山 竜次(ロバート)

Vol.6 秋山 竜次(ロバート)

藤井 隆

Vol.5 藤井 隆

ココリコ:田中 直樹

Vol.4 ココリコ:田中 直樹

レベッカ・ファーガソン

Vol.3 レベッカ・ファーガソン

長谷川 博己

Vol.2 長谷川 博己

博多 華丸

Vol.1 博多 華丸