今月のワクドキ InterviewVol.21

三遊亭 円楽

三遊亭 円楽

三遊亭 円楽

落語は日本人が作った最高のエンターテイメント。
東西の落語家が大集結しますので、大いに楽しんで下さい!

写真三遊亭 円楽(さんゆうてい えんらく)
青山学院大学在学中に、五代目三遊亭円楽にスカウトされて入門。27歳にして日本テレビ『笑点』大喜利のメンバーに加入し、今なお活躍。卓越した構成力と演出法が評価され、全国で独演会や落語会を開催、落語人気の土台を支えている。2010年3月に、六代目円楽の名跡を襲名。博多・天神落語まつりのプロデュースを含め、東西落語界の交流にも力をそそぐ。また税務大学校の講師や、(公)財団法人 日本ゲートボール連合のアドバイザーも務める。

今年で10回目となる博多・天神落語まつり。そのプロデューサーであり『笑点』でもおなじみの三遊亭円楽さんにお話を伺いました。

―落語の魅力って何ですか?

「想像力」を養ってくれるところですね。落語というのはテレビや映画と違い、映像がないわけですよ。噺家の言葉だけを聞いて、頭の中で絵を描いていく。江戸時代に行くことだってできるわけです。どの時代にも行けるタイムマシーンみたいなものかな。それに、ジョークやお笑いは世界中にあるけれど、落語という形は日本独自のもの。日本人が作った、世界でも類を見ないエンターテイメントですよ。創り上げた先祖に大感謝だね。

―若い世代には落語に馴染みのない人もいますが。

それはその人が一歩踏み込むかどうかですね。「落語ってどうなんだろう?」と思ったら、ぜひ一度聞いてみてください。今はCDでも動画でも見られるし、予習・復習しなくても十分楽しめます。それとできれば、実際に会場に足を運んで、生で噺家の落語を聞いてもらいたいですね。例えば音楽でもジャズ・クラシック・ポップス・ロックと人によって好みが違うように、落語も自分の感性に合う人を探せば良い。噺家の音声・スピード・口調が自分にとって心地よいかどうか、自由に選り好みができる芸だよね。もし自分に合わない噺家がいたら、その人の時だけ会場を出てもいいしね(笑)。

―弟子時代は、先代の円楽さんから何を学ぼうと思っていましたか?

見ていたのは「生き様」ですね。師匠がどういうテーマで生きているかということ。それを真似するかしないかは自分の感性だから。自分の師匠や他の師匠の落語も聞いて、自分の感性で芸を編み出していく。ちなみに、うちの師匠は責任感もなかったし、言いっ放しでやりっぱなしだったけど(笑)、すごくオーラがあったね。

―今「師匠」という立場で、どういう弟子に目を掛けたくなりますか?

打てば響くやつ。こっちが言うことがポーンと分かる、言わなくても先回りできるようなやつはやっぱり可愛いし、育ててやりたくなります。これは会社勤めの人でも同じ。“お茶入れるために会社に入ったんじゃありません”っていうやつがいるけど、何言ってんだ、お茶を美味しく入れてみろ、喜ばれるよってね。だから私が前座の頃は「師匠は今、何をして欲しいんだろう」ってずっと考えてたね。あと、好きな師匠には“好きだオーラ”を出していた。笑点でも歌丸師匠が来られたら真っ先に駆けつけて、ずっと隣でニコニコ笑ってた(笑)。人間だから好き嫌いはあるけど、好きな人にはちゃんと“好き”って伝えた方がいいですね。

―最後に、読者の皆さんへメッセージをお願いします。

どんな形でも良いので、ぜひ落語を聞いてみてください。あなたの趣味が増えるかもしれないし、老後の財産になるかもしれない。落語とは、今すぐでも年をとってからでも使える便利なコンテンツです。ただし下手な噺家のは聞かないでくださいね(笑)。博多・天神落語まつりでお逢いしましょう。

第10回 三遊亭円楽プロデュース
博多・天神落語まつり

写真

六代目三遊亭円楽がプロデュースする日本最大の落語フェス。桂歌丸・笑福亭鶴瓶をはじめ、60数名の噺家が福岡に集結。東西や協会の垣根を越えて落語を披露する。第10回の節目を迎える今年は、4日間で33公演・観客動員数は2万4,000名。初心者も通も楽しめる、贅沢なラインナップをご堪能あれ。

■開催日/11月3日(木・祝)~6日(日)、全4日間
■会場/FFGホール、イムズホール、
キャナルシティ劇場、JR九州ホール
■料金/各公演共通・全席指定 5,400円(税込)
■公式サイト/http://www.rakugomatsuri.com
「博多・天神落語まつり」で検索
※6歳未満入場不可。
※都合により、出演者が変更になる場合がございます。
予めご了承ください。

information

 

バックナンバー
主演 神木隆之介×監督 大友啓史× 主題歌 ぼくのりりっくのぼうよみ

2017年5月号

Vol.24 主演 神木隆之介×監督 大友啓史× 主題歌 ぼくのりりっくのぼうよみ

黒木 啓司

Vol.23 黒木 啓司

水曜日のカンパネラ

Vol.21 水曜日のカンパネラ

藤井 美菜

Vol.20 藤井 美菜

福士 蒼汰

Vol.23 福士 蒼汰

監督・西川 美和×本木 雅弘

Vol.22 監督・西川 美和×本木 雅弘

三遊亭 円楽

Vol.21 三遊亭 円楽

佐藤 栞里

Vol.16 佐藤 栞里

大政 絢

Vol.15 大政 絢

西島秀俊

Vol.14 西島秀俊

斎藤 工

Vol.13 斎藤 工

中谷美紀

Vol.12-2 中谷美紀

佐藤浩市

Vol.12-1 佐藤浩市

ソナーポケット

Vol.11 ソナーポケット

古田新太

Vol.10 古田新太

神木隆之介

Vol.9 神木隆之介

広末涼子&滝藤賢一

Vol.8 広末涼子&滝藤賢一

溝端淳平

Vol.7 溝端淳平

秋山竜次(ロバート)

Vol.6 秋山竜次(ロバート)

藤井 隆

Vol.5 藤井 隆

ココリコ 田中直樹

Vol.201509 ココリコ 田中直樹

レベッカ・ファーガソン

Vol.201508 レベッカ・ファーガソン

長谷川博己

Vol.7 長谷川博己

博多華丸

Vol.6 博多華丸

Flower

Vol.5 Flower

仲村トオル

Vol.4 仲村トオル

高良健悟×石田ゆり子

Vol.3 高良健悟×石田ゆり子

藤原竜也

Vol.2 藤原竜也

ジャングルポケット

Vol.1 ジャングルポケット