今月のワクドキ InterviewVol.13

[PR]

斎藤 工

斎藤 工

斎藤 工(さいとう たくみ)
1981年生まれ、東京都出身。
「時の香り~リメンバー・ミー~」(01)で俳優デビュー。その後、映画やTVドラマでも数多く主演を務める。また俳優業の傍ら監督もするなど、幅広く活躍中。近年の出演作は、映画「逆転裁判」(12)、「愛と誠」(12)、「虎影」(15) 、「無伴奏」(16)、「団地」(16)。TVドラマ『最上の命医』(11)、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(14)、『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(16)など。公開待機作に、『種まく旅人〜夢のつぎ木〜』(今秋公開)がある。

[PR]

木絵の妄想で、光正の物語がモノクロからカラーへ。
SNSの時代だからこそ、心に響く映画かもしれない!!

「ごくせん」「デカワンコ」の森本梢子による人気コミックスが、綾瀬はるか主演、恋人役には斎藤工で、待望の実写映画化!!今回、テレパシー能力を持つイケメンエリート・高台光正役を演じた斎藤工さんに話を伺った。

―人気コミックスを実写映画化した今回の作品。出演が決まった時の感想は?また作品についての感想を教えてください。

少女漫画を原作にした映画に興味はあったけど、でも自分にオフォーがくることはないと思っていました。今回、お話をいただき、僕にと思って下さったので、僕でないといけなかった理由が生まれないといけないなと感じました。かなり特殊な設定で、十字架を背負っている兄弟の話だと僕は思っていて、感情を押し殺していく役になると思っていました。原作にも、感情が変化する表情があまり描かれてなくて、でも、綾瀬はるかさん演じる木絵さんといることによって、光正の物語が初めてモノクロからカラーになっていく感じがしました。

―今回、人の心が読める=テレパシーの能力を持つ役ですが、演じる上で難しかったことは?

そうですね。木絵さんの心の声のタイミングというか、口に出すことによって生まれる言葉の尺度とかっていうものとは、また違う感情だったりすると思うので、それをどうキャッチするのかなという部分に、気をつけました。本音が聞こえることに対して、彼自身も無反応になっていたと思うんです。でも木絵の本音には多分反応して、なんかこう彼女の心を無視出来なくなって、笑ってしまったり。観ている方にとってもそうあって欲しいので、そこは丁寧にやらなくちゃなと思いました。

―劇中でくすっとされた時素敵だなと思いました。斎藤さん自身、最近くすっとされたことは?

くすっという感じではありませんが、実は僕、集団恐怖症で。お花見に誘われたので行くだけ行ってみたら、思ったより人が多くて近くまで行ったんですけど、引き返してしまいました(笑)。誘ってもらった人には悪いんですけど、「あ、もう無理だ」と思って。

―木絵の妄想によって、劇中で様々な扮装をされていますが中でもお気に入りの衣装は?

和装ですかね。僕ら高台家の兄弟は劇中でカラコンをしていて洋風な雰囲気なんですが、カラコンをしたまま和装という、なんか不思議な感じ。結構レアな状態なんじゃないかな。

―斎藤さん自身妄想癖っていうものありますか?

はい、ものすごくあります(笑)。電車とかに乗っていると、この人はこういう人なんじゃないかとか、どんどん想像していくんです。何か、ニュースとかでも犯行を犯した加害者の彼、彼女の普段の様子とか、全然普段はいい人でっていうのがあるけれど、あれも1つの心理だと思うんです。なので、本性みたいなものを勝手に想像しています。それ以外にも、ものすごく派手な下着を身につけてるんじゃないかとか…(笑)。

―綾瀬さんに変なあだ名を付けられたと伺いましたが…。

それは…。付けたけど、残念ながら完全に言えないやつです(笑)。撮影現場でも結構大声でそれを叫ばれたりしたので、メイキングの音声が使えないんじゃないかと…(笑)。

―綾瀬さんのキャラクターに引っ張られて、現場ではちょっと明るい斎藤さんが出ていたんでしょうか?

どうなんですかね。でもそこはちょっと原作の2人の関係性にも通ずるものがあったんじゃないかなと思うので、後から思うとだからこのキャスティングになったのかなって。自分のキャリアの中でも、とても貴重な体験になったと思います。

information

映画『高台家の人々』

●6月4日(土)公開

写真
©2016 フジテレビジョン 東宝 集英社
©森本梢子/集英社

妄想癖のある地味で冴えないOLの平野木絵と転勤してきた名門「高台家」イケメンエリート・高台光正。決して交わるはずのない二人だが、人の心を読める“テレパス”の能力を持つ光正は、木絵の奇想天外な妄想と純粋な心に惹かれていく。奇想天外な妄想に爆笑必至。そして壁を乗り越える2人の姿に感涙。妄想OLと人の心が読めるイケメンエリートが繰り広げる、一風変わった傑作ラブコメディ誕生。

監督/土方政人
出演/綾瀬はるか、斎藤工、水原希子、間宮祥太朗 他
配給/東宝

バックナンバー
瀬戸 康史

2017年8月号

Vol.27 瀬戸 康史

JAY'ED

2017年7月号

Vol.26 JAY'ED

佐々木 圭一

2017年6月号

Vol.25 佐々木 圭一

主演 神木隆之介×監督 大友啓史

2017年5月号

Vol.24 主演 神木隆之介×監督 大友啓史

黒木 啓司

Vol.23 黒木 啓司

TARGET

Vol.22 TARGET

水曜日のカンパネラ

Vol.21 水曜日のカンパネラ

藤井 美菜

Vol.20 藤井 美菜

福士 蒼汰

Vol.19 福士 蒼汰

監督・西川 美和×本木 雅弘

Vol.18 監督・西川 美和×本木 雅弘

三遊亭 円楽

Vol.17 三遊亭 円楽

佐藤 栞里

Vol.16 佐藤 栞里

大政 絢

Vol.15 大政 絢

西島 秀俊

Vol.14 西島 秀俊

斎藤 工

Vol.13 斎藤 工

中谷 美紀

Vol.12-2 中谷 美紀

佐藤 浩市

Vol.12-1 佐藤 浩市

ソナーポケット

Vol.11 ソナーポケット

古田 新太

Vol.10 古田 新太

神木 隆之介

Vol.9 神木 隆之介

広末 涼子&滝藤 賢一

Vol.8 広末 涼子&滝藤 賢一

溝端 淳平

Vol.7 溝端 淳平

秋山 竜次(ロバート)

Vol.6 秋山 竜次(ロバート)

藤井 隆

Vol.5 藤井 隆

ココリコ:田中 直樹

Vol.4 ココリコ:田中 直樹

レベッカ・ファーガソン

Vol.3 レベッカ・ファーガソン

長谷川 博己

Vol.2 長谷川 博己

博多 華丸

Vol.1 博多 華丸