今月のワクドキ InterviewVol.5

Flower

Flower

7人組のダンス&ヴォーカルガールズユニット、Flower。EXILEの意志を継承するE-girlsの一組として精力的に活動する一方、初の単独ライブが決定、さらに10枚目のシングル「Blue Sky Blue」もリリースされ、今、乗りに乗っている彼女たち。その魅力に迫るため、ヴォーカルの鷲尾伶菜さんと市來杏香さんにお話をお伺いしました。

2ndアルバム「花時計」のリリースおめでとうございます!このアルバムに込めた思いをお聞かせください。

鷲尾/一枚目より新曲がたくさん入っていたり、カバーアルバムを付けさせてもらったり、二枚目だからこそできる挑戦をさせていただきました。Flowerとしてとして初めて歌った卒業をテーマにした曲や、ライブなどで盛り上がれるアップテンポな曲、あとは自分が初めてソロとして参加させていただいたコラボ曲まで、たっぷりと詰まったアルバムに仕上がりました。
市來/今回のアルバムは、今までになかったような曲がたくさん入っていて、なんと新曲6曲と、カバーアルバムもついているのです!一枚目のアルバムはFlowerとしての名刺がわりになるアルバムで、今回は花時計ということで、ツアーのことも意識しながらFlowerと同じ時間を過ごしていただけたらいいなという思いで作りました。

アルバム作成中のエピソードを教えてください。

鷲尾/たくさんあるのですが、アルバムの曲順は、メンバー皆でかなり悩みました。Flowerの曲はバラードが多かったりするので、どうしたら飽きずに全曲いい流れで聴いてもらえるかというところを意識してアイデアを出させていただきました。カバー曲のレコーディングではどう自分らしさを出すか悩みながらレコーディングしました。
市來/連日レコーディングをしていて、切ない曲から明るい曲へすぐ切り替えなきゃいけないのが、気持ち的にもすごく難しかったですが、とても素敵なアルバムに仕上がって良かったです。E‐girlsのツアーのリハーサルも同時に行っていて、朝レコーディング、5時間のツアーリハーサル、夜レコーディングというスケジュールが大変でした。

そして早くもリリースされるニューシングル「Blue Sky Blue」ですが、スバリ魅力を教えてください。

鷲尾/今回は離れ離れの恋がテーマになっているラブソングです。大好きな人を想いながら聴いていただきたい一曲です。歌詞の中の「あなたが居なくてもあなただけのために綺麗でいたいと思う」というフレーズが印象的です。
市來/今回は爽やかさも注目ポイントで、MVの方もメンバー一人一人がすごく可愛らしいセットと衣装で、等身大の自分たちが表現されています。青空だったり、真っ赤な車だったり、今までにない試みです。全員でのパフォーマンスパートも必見です。

また今年は5都市で「Flower LIVE TOUR 2015“花時計”」が開催されますね。初の単独ツアーが決まったときはどういう気持ちでしたか?

鷲尾/本当に素直に嬉しかったです。メンバー皆デビュー当時からの目標であり夢だったので「本当ですか!?冗談じゃないですよね!?」という感じでした。いつも応援してくださっているファンの方々にしっかりと恩返しができるようなツアーにしたいと思います。
市來/はじめに聞いた時は、信じられなくて全く実感が沸かなかったのですが、ツアーの映像撮りやセットの打ち合わせなどをしていて少しずつ実感が湧いてきました。メンバーみんなで、早くもセットリストなどを話してワクワクしています。

単独ツアーへの意気込みをお聞かせください。

鷲尾/E‐girlsとして、今、二度目のアリーナツアーをやらせていただいているので、そのツアーで学んだことや感じたことをFlowerのツアーで活かせられるようにしたいです。E‐girlsとまた違った面を見せていけたらいいなと思っています。それでFlowerの色を明確にしていきたいです。
市來/Flowerとして初の単独ツアーということで、メンバー自身とても気合いが入っています。Flowerらしさを忘れず、でもすごく楽しいLIVEにできるよう、7人で協力しあってがんばります。

E‐girlsとFlowerの2グループを兼任している皆さん。それぞれのグループでチームとしての雰囲気は変わりますか?

鷲尾/変わります!グループイメージも違いますし、そういうところを自分たちも意識したりしています!E‐girlsだけでなく、各グループのことも知って応援してもらえるようになればいいなと思います。E‐girlsがポップでカラフルなイメージが強いので、いい意味で逆をいけるのかなとも思っています。
市來/Flowerは切ないバラード曲が多くて、『バラード曲で踊る女性アーティスト』というところがFlowerらしさかなと思います。切ない表情で踊るパフォーマーにも注目していただきたいです。

チームとして、また個人としての目標を教えてください。

鷲尾/グループとしてグループ活動を活発にできるようにがんばります。そして7人ひとりひとりが名前を覚えてもらえるようなグループになっていきたいです。そうなった上で、夢のドームツアーなど、1つ1つ叶えていきたいです。自分はグループでも責任があるボーカルをやらせていただいているので、ボーカル力をもっと高めてがんばります!
市來/Flowerとしてまだまだたくさんの目標があって、今後は今よりもっとたくさんの方にFlowerの存在を知ってもらって、歌やパフォーマンスを見てもらいたいです。年齢関係なく、たくさんの人に愛されるグループになりたいです!個人としては、ダンスの方も大好きなので、中途半端にならないよう歌いながらバリバリ踊れるアーティストとしてE‐girlsやFlowerに貢献できる存在になりたいです。

素晴らしいパフォーマンスを魅せてくださる皆さんですが、日々どのようなトレーニングをしていますか?

鷲尾/なるべくオフの日を作らないようにジムの予約を入れたり、お仕事の空き時間にジムに行ったり、個々で空いている時にトレーニングをするようにしています。ですが、全て個々のメニューなので、自分にあったトレーニングを皆していると思います。
市來/長時間のLIVEなどで体力がちゃんと持つように、日々心拍数を上げてLIVE中の短い休憩で回復できる様に、体作りしています。スピナーという自転車を全力でこいで心拍数を上げたり、スライドボードという、すべるカバーを靴にはめて左右にスライドして下半身を鍛えながら、心拍数を上げるトレーニングをしています。あと、筋トレは欠かせません。

Flowerの皆さんは皆さん美脚揃いですが、毎日のケア、おすすめの美容法などがあればぜひ教えてください。

鷲尾/モデルをしているメンバーは結構ケアや美容に詳しいですね。私はそれに比べたら全然ですが、お仕事がない時にマッサージに行ったり、美容鍼をしたりしています。
市來/半身浴をして、たくさん汗をかいて、お風呂から出たらすぐにオイルを塗ってマッサージするのが日課です。あとは、移動車の中とかでホットアイマスクをしたり、刮痧(かっさ)でマッサージをしています。

Flowerの皆さんはそれぞれ出身地が異なりますがが、ご当地自慢をお聞かせください。

鷲尾/佐賀県出身です。かなり時間がゆっくりと進んでいる感じがして、空気も澄んでいて、夜には星も綺麗で癒されます。夜10時には外を誰も歩いていない感じで健康的です。
市來/私は福岡出身なのですが、福岡はすごく食べ物がおいしいのが自慢です。あとは人はすごく優しいです♡空気もおいしいのでゆっくりしてほしいです。

お二人にとって「Flower」とは?

鷲尾/夢を叶えてくれる場所です。オーディションなどで集まった皆ですが、もともと顔見知りではなくても夢や目標は同じで、自然と同じ方向を向いて歩いているので。その中で、個々の夢ややりたいことをFlowerというグループで叶えていける特別な場所です。
市來/自分の居場所です。大好きなメンバーと大好きな曲をパフォーマンスしている時間がとても幸せです。

ライブやツアーで九州に来られることも多いと思いますが、九州の印象を教えてください。

鷲尾/ファンの方々の熱がすごいです。いつもあたたかく迎えてくださるので、メンバー皆、九州が大好きです!!そして食べ物がおいしい
市來/安心します。やっぱり上京してからイベントなどでしか九州に帰れなくて、帰れたときは本当に空気だけで安心します。あと、九州でイベントした時はだいたいメンバーとスタッフさんで、その地のおいしいものを食べに行きます。

では最後に読者の皆さんへのメッセージを!

鷲尾/まだまだ駈け出したばかりの自分たちが、応援してくださる皆さんにしっかり恩返しができるよう頑張るのでこれからもよろしくお願いいたします。
市來/九州は自分の出身地でもあり、本当に大切な地なので、早く九州の皆さんの前で大きくなった自分を見てもられるよう、これからも日々努力して最高のパフォーマンスを届けられるように頑張っていきたいと思います!

 

information

バックナンバー
主演 神木隆之介×監督 大友啓史× 主題歌 ぼくのりりっくのぼうよみ

2017年5月号

Vol.24 主演 神木隆之介×監督 大友啓史× 主題歌 ぼくのりりっくのぼうよみ

黒木 啓司

Vol.23 黒木 啓司

水曜日のカンパネラ

Vol.21 水曜日のカンパネラ

藤井 美菜

Vol.20 藤井 美菜

福士 蒼汰

Vol.23 福士 蒼汰

監督・西川 美和×本木 雅弘

Vol.22 監督・西川 美和×本木 雅弘

三遊亭 円楽

Vol.21 三遊亭 円楽

佐藤 栞里

Vol.16 佐藤 栞里

大政 絢

Vol.15 大政 絢

西島秀俊

Vol.14 西島秀俊

斎藤 工

Vol.13 斎藤 工

中谷美紀

Vol.12-2 中谷美紀

佐藤浩市

Vol.12-1 佐藤浩市

ソナーポケット

Vol.11 ソナーポケット

古田新太

Vol.10 古田新太

神木隆之介

Vol.9 神木隆之介

広末涼子&滝藤賢一

Vol.8 広末涼子&滝藤賢一

溝端淳平

Vol.7 溝端淳平

秋山竜次(ロバート)

Vol.6 秋山竜次(ロバート)

藤井 隆

Vol.5 藤井 隆

ココリコ 田中直樹

Vol.201509 ココリコ 田中直樹

レベッカ・ファーガソン

Vol.201508 レベッカ・ファーガソン

長谷川博己

Vol.7 長谷川博己

博多華丸

Vol.6 博多華丸

Flower

Vol.5 Flower

仲村トオル

Vol.4 仲村トオル

高良健悟×石田ゆり子

Vol.3 高良健悟×石田ゆり子

藤原竜也

Vol.2 藤原竜也

ジャングルポケット

Vol.1 ジャングルポケット